グルメ・クッキング

ロイズのなまチョコ

今、はまっているスイーツは、

ロイズのなまチョコ。
ホントにホントに美味しい!!heart

それも、ことの始まりはバレンタインデイ。
息子がばあちゃんからもらった
ロイズのなまチョコを
大事に大事にひと粒ずつ食べていた。

で、最後の2粒に。

最後の2粒の1個ぐらい食べてもいいよね〜

と思った母である私は
おもわず、パクリ。

毎日楽しみに冷蔵庫を開けていた息子。
最後の2粒が、最後の1粒になっている〜〜〜!と激怒thundertyphoon

わかったわ〜い!買ってやる〜と
ネットで注文。

ついでに色々頼む。

そのどれも、最高。
数あるなまチョコの中で、一番好きかも。
とろけるうまさ。やめられない。


今日はラムレーズンも食べた。
でっかい板チョコ。
ラムレーズンも、でっかいレーズンがそのまま
入っていて、なんて優しい味なんでしょう。

あかん。

冷蔵庫になくなったら
また買いたくなってきた。

しまった。

ふ・と・る。


|

クリスマスinKYOTO

今年のクリスマスイブの聖なる夜は、

京都出町柳の百万遍交差点にある

CAFE PROVERBS[15:17]
で娘と東京から帰ってきた
ライターの友人と
過ごす。

「カフェ・プロヴァーブス[15:17]」は、
植物由来食材のみのメニューを中心に
提供するカフェダイナー。

ここは、もともとマレさんのお店
KICK BACK CAFEの姉妹店。

その日、マルは聖書を店長さんにいただいた。
マザーテレサを尊敬しているマルは
このところ、聖書のおはなしが気に入っている。
店長さんと聖書のおはなしについて
文通することになり
素敵な出会いに感謝。


今度引っ越す家の前は
教会があるので
日曜学校に通うのもいいな〜と思っている。

わたしも小さな頃はよく通ったものだ。
いろんなものやいろんな人に感化されて
吸収してくれればいいと思っている。

ヒンズーの国、イスラムの国、
ユダヤ教、キリスト教の、イスラムの聖地、
私自身が旅の中でいろんな宗教を見て
感じてきたが、小学生から
「教え」に出会うのは
とてもいいことだと思っている。
集約された極上の人生手引書だから。

娘は般若心経を空んじる小学生。

彼女の中で
大人には
計り知れない光が
見えるかもしれない。


北風が鴨川を吹き抜ける。
さすが京都の夜は冷え込む。


娘は友人に京都のおみやげを買う〜と
はりきってちりめん館へ。
♪舞子は〜んのはがきや栞を買って帰った。

毎年、クリスマスイブといえば
ワインをしこたま飲んで
大騒ぎしていたけれど

京都でしっぽり
ろうそくの灯りの下
ノンアルコールで
有機野菜たっぷりのディナー。

聖書をめくり
しばし
クリスマスの
本当の意味を考える
素敵な時間を
過ごせてよかった。

まだまだ
慌ただしい日々が続きますが

こんな時間が大事です。


|

バリストロバーin三宮

友人がキッチン&バーを開店しました。

たぶん。。。3ヶ月は前なんですが。すいません....。
お伝えするの忘れてました、


3階がバリストロキッチン。
2階のバーも最高です。
マスター知り合いです。かなり気持ちのいい空間です。

妹が最近突然行ったら予約が取れなかったらしいです。
料理がおいしすぎるのでガッツリ食べながら飲みたい人には最高ではないでしょうか。
私の大好きな友達が経営の主な柱になってます。

かなりいけてます。

是非、行ってあげてください。

そうそう
晴れた日には、必殺、屋上のテラスで憩えるかも。

とりあえず
要予約でお願いしときますね!

|

イリエのクリームパン

昨日大阪で打ち合わせがあり、帰り道、
梅田大丸で、大丸まんじゅうを購入。
改札へ行こうとしていたところ、
「クリームパン♪焼きたてクリームパン♪」と叫ぶ声あり。

通路の奥を覗き込むとまだ5人ぐらいしか並んでいない。

並んで買うまでは、買いたくないというポリシーの私だが
5人なら大丈夫。
ちょっと買ってみようかな〜と好奇心にくすぐられる。


大丸梅田店では売り出しの時間前になると長蛇の列ができる(らしい)
「イリエのクリームパン」。
本店は尼崎の園田にあるもよう。

お一人様5こまで限定。
まだほんわかあったかい。
つぶれないように、二段にわかれて入れられる
Macのお持ち帰りの箱のようなものに入れて渡された。

お昼も食べずに歩くとだめですね。

あれもこれも欲しくなる。

節約術の悪い例を実践してしまいました。

さてさてお味は?

とにかくクリームの量がはんぱじゃない。
食べている尻から、トロトロと落ちて来る。
120円か130円ぐらいだったので
あんだけの優しいまろやかクリームが入ってあの値段なら
並ぶのも意味があるのかな?と思える。

個人的には
クリームパンといえば
もうすこしラム酒を効かせた大人味が好きなんですが。

ま、久しぶりに
うわさのパンを食してご機嫌でした。

白あんが美味しい大丸まんじゅうも、
季節限定「さくら餡」を半分頼む。
これは、すっごくおいしかった。
桜の葉が入ってるんです。
品のあるお味でございましたよ。

疲れると甘い物がほしくなるんですよね。

ごちそうさまでした〜


|

デ、翌日は送別会。。

「かわず」」の翌日。
同じマンションで、いつもいつもお世話になって、
これからもどんどんお世話になる(笑)家族が
市外へ引っ越しされるので、
マンション住人+ご近所さん、総勢6家族で送別会を催しました。

別れの言葉は、みんなで練習した合唱に、
別れの手紙は、ビデオレターにしたためました。

マメですばらしいご主人が、ビデオの編集をして下さって、
感謝です。。。
みなさんのご協力の賜物で、すべてをひっくるめ
いい会になったな〜と思います。
私は、合唱の指揮をおうせつかりました。
ありがとうございますっ。

指揮する前から、「うっ、うっ、」と嗚咽がきてすいませんcrying

県外へ引っ越すわけではないから
まだまだ今からもつながっていく気分だけど
娘が本当の我が子のようにかわいがって面倒みてもらったので
いなくなった時の喪失感とか、、、きっと
じわじわと感じてくるんだろうな。と思うと
泣けてきます。

狭いけど、いつでも泊まりに来てね!

そして送別会の会場は、「まご八」さん。

こちらを経営するご家族の優しさ、ホスピタリティ。
店内のおしゃれ度、落ち着く空間。
真心込めて作って頂いた料理。
すべてに文句つけどころなく、感謝100倍でした!

本当にありがとうございます。

全員写った記念写真も撮って下さって
私たちが帰る時に手渡して頂けたんですよ。
ここまでして頂いて、ほんと泪ちょちょぎれました。

コレからも利用させて頂きます!
ありがとうございました。

みんな、ありがとう。

P.S.
うちの旦那が、その日、昼過ぎまで六甲山ひとりで登り
汗だくで帰ってきたからか、送別会中に発熱、ダウン!
途中ぬけでご迷惑おかけ致しました。
体調壊すほど、山歩きせんでいいからね〜。(忠告)

|

開店祝いでかんぱい♪

友人の男友達が大阪、南森町にお店をオープンしました!

仲間でお祝いに集まるというので
わたしもひょっこりお邪魔してきました。

店の名前は「かわず」

野菜ソムリエのいるお店です。

なかなか雰囲気も洗練されていて、
それでいてちょっとノスタルジーも感じる店内。
お料理も粋な創作料理が目白押しで、やられました!
オーナーのコレクション、ジャズのアナログ版も並んでいて
同じようにジャズのアナログ盤蒐集が趣味の旦那を
連れて行こう〜と思いました。

是非、行ってみてくださいね〜

「かわず」さんにオジァマした後は、そのまま二次会へ。。。
アナウンサーの美人ladyである友人は途中でリタイア、
わたしと同じ年の友人は明け方まで
男子たちの「大阪を変えよう!」議論に寄って(酔って)ました。

人生半分、折り返し地点を迎え、やり手の社長さんや
企業の管理職の人達ばかりでしたが
今までとは違う意識を持って進んで行きたいな〜と
野心と夢を語り合いました。

いや〜いくつになっても男もおなごも前進やね。

思いっきり御馳走になりました!
ありがとうございました。

|

イタリアンな夜

昨日の夜は息子を除く家族3人で近くのイタリアンへ。
お初のお店。

前評判は良かったんだけど、ちょっと不満。。。いやかなり不満。

イタリアンなのにワインリストがない。。。
ハウスワインまず過ぎ。。。

おいしい料理にはおいしいお酒がつきものだと
思うのですが、その基本がないお店には、もう行かないな〜。

それとびっくりしたことに
「今日のおすすめお料理」の中に
「黒毛和牛のカルパッチョ」があったので頼んだら

これは、アルコールを飲まれて胃の中が消毒されている方のみご注文頂けますので、お子様は、食べて頂けませんがよろしいですか?と言われた。

え?

和牛でしょ?

アルコール殺菌?


ちょっと理解しがたいお話だったので、そのメニューの注文はやめました。


お料理はリーゾナブルだったけど、倍のお金を払ってでも他に行くな。と
思ったお店でありました。

12月は楽しい企画盛りだくさんで、楽しみ。

|

大阪うまいとこ

土曜日は旅仲間と久々に大阪で再会。
大阪のうまいところへ連れて行けというご要望により
梅田の「茶屋町まぐろや」へ。
まぐろづくしと冷酒はいいね〜

その後やっぱり大阪、お好み焼きが食いたいというご要望により新幹線の時間を気にしつつ
大阪地下街のお好み焼き「ゆかり」へ。
わたしは大阪でお好み焼きをあえて食べる事もなかったんだけど、行ってみると並んでるんだね〜。
しばし、列に並ぶ。
ねぎ焼きを頼んで店の人に焼いてもらった。
こっちもよっぱらっているので、勝手に裏返したら店の人に
「あ〜これだと美味しさ半減です」と怒られちゃいました。
焦げるか焦げないかまで焼くらしい。

食った飲んだ。

それより旅の思い出話がいちばん美味しかったな。

ひさしぶりにどっか行きたくなった。
風とか匂いとか空の色とか違うから。

一人ぷらりと。

|

初心忘るるるる?

最近気になるのがですね、有名店の店員の対応です。

ここ数日、そういう有名どころばかり廻ったので余計に思うのかもしれませんが・・・

態度が評判にあぐらかいてます。

私だけがそう思ったのかな?と
確認作業としてそばに居た娘や姪に後から「さっきの店員の態度さ〜」とぼやきますと、
「そうそう。思った。冷たい!笑顔が無い!めんどくさそう」
子ども達が口を揃えて言いますねん。小学生ですよ。

子どももわかるぐらい露骨な態度、
いや、子どもだからこそわかる、露骨な無礼な慇懃な態度。
漢字がむずかしいですがっ。

息子が「店が有名になったら、調子乗って初心忘れるねん。よくあることや」と言いました。

そのとおり。中学生の子どもに指摘されてる有名店ってどうなの?


有名なところでも社員教育まで行き届いているか、仕事の意味ってものまで伝えてるかで大きく分かれるところですが、ここ数件はかなり上から目線でもの言ってまして、空いた口が塞がりませんでした。

それを考えると、今日たまたま飛び込んで来た牛乳屋さん
「試供品飲んで下さい。お願いします」と一軒一軒営業に地道に廻っている兄ちゃんの笑顔のさわやかなこと。
あの時の気持ち忘れたら、店はゆくゆく先細りやろな〜と思います。

新天地にしてもガイドに載っていなかった店は、平日でも満員でした。
私が行ったガイドで評判の店は無愛想で質も悪く、流れ作業でした。
串カツ揚げながら、全員の兄ちゃん、ムスッと怒ってました。
職人魂の無愛想とゼンゼン違うニュアンスでっせ。(詳しくは書きませんが)
阪神間で人気のパン屋、最近数件廻りましたが、ちょっと勘違いしてるぐらい冷たい態度の店の人いました。ガイドも金出せば載せてもらえるページもあるもんですから、100%信じて疑わないのもおかしな話ですけど。

わたしのような「いちげんさん」をいかにつなぐかが、
今後の生き残り合戦の第一歩なのに。

なんでも、初心忘るべからず〜ですな〜。
おかげおかげの「下(げ)」で生きないと長続きはしないんですよね。
店の経営に限りませんが。。。。


初心わするべからず、


昔の人はエエこといいますね。

私も初心忘れて舞い上がって上から目線になるぐらい
売れてしまったら、
そのときは、、、、ん〜すいません。


どうぞ

思いぞんぶん叱って下さいhappy01

|

どケチ的買い食い

その昔、中学や高校時代は部活の帰りの買い食いほど
スリルあり楽しいものはなかった。
「や〜買い食いしてる〜アカンのに〜」と言われて、次の日に担任に告げ口されようが、腹が減ってるもんはガマンができんっちゅうねん。
それが許された地域であり、時代であった。

ところが、うちの息子の中学は有り難いことに(時に悲しい事に)決められた事は守る生徒が多い故に買い食いをする生徒がほっとんどいない様子。
繁華街を通って帰って来る息子に、ただ帰りにスーパーに寄って牛乳買って来てと、頼もうもんなら、「や〜アカンのに〜」と後ろ指を指され、はりつけの刑にされそうな勢いである。

で、私の時代はというと、買い食いし放題だったので日課のように買い食いが楽しみだった。
ことのほか、揚げたてコロッケ三個100円という総菜が今でも忘れられない。
小腹が減ったら、イコール三個100円のコロッケだった。
お猿のように木に登ってむさぼり食べたっけ。

だからコロッケは、買い食いに限る。
揚げたてほうばるに限る。

先週の日曜日、須磨あたりの2号線を走っていると、
いつものように気になる
「鬼平コロッケ」の看板が目に飛び込んで来た。
「あ、鬼平コロッケや」旦那が口走る。

コロッケ食いたい。食いた〜い。
中高生の頃の
「コロッケ買い食いしたい病」が起きて来た。

パパに車をとめてくれとお願いし、
コロッケ買いに走る。
揚げたてコロッケ一個50円。4個買う。
ま〜ま〜の味だが、

それよりおいしかったのは
まぐろの串、一本70円。
鶏の唐揚げ100グラム100円。

これもあれもと買いまくり、車でほうばる。

話題は、鶏肉100グラムへ。
これは安いぞ、いや、ブラジル産だ。
皮ばっかりだ。
いや、家で揚げるともっと高くつく。

うんぬん、かんぬん。

それより、私が買いに走った時、店頭には誰もいなかったのに
店先に並んでいる間に5人は行列ができた。

「まるで、サクラになってもたな〜」
「サクラってなに?」
「え〜っとそれはやな〜・・・もうええわ、はよ食べて!」

コロッケは、肉屋のコロッケに限る。
しかもその場でほうばるに限る。
芦屋「竹園」のミンチカツもはずせない。

今日はカツ談義でした!
ごちそうさま〜。

|

より以前の記事一覧