« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

ダイアンさんが来た!

先日、テレビ撮影のためにお笑い芸人、ダイアンさんがうちに来ました。

「ダイアン」ってテレビ局の人に聞いて、
「え?外国人?」と言った私をお許し下さい。

顔みたら、すごく知ってる人でした。

で、我が家に来て節約ネタを披露するわたしを
ボケとつっこみで、うまく引っ掻き回してくれました。

やっぱりお笑いのプロですね〜。

今まで何人かキャスターやアナウンサーの方が来てくださいましたが、その方はどちらかというと私を立てて話を展開してくれてましたが、ダイアンさんは思いっきりお二人で展開されてました。。。


え?ほめてますよ!

テレビに出るのはあまり気が進まないのですが、テレビ局の方のお仕事を目の前で見てますと、関わる人数が多くて大変な仕事だな〜と思います。
かく言う私は、学生の頃テレビのアシスタントディレクターの仕事を2日ぐらいしたことあります。
お笑いテレビが始まる前に、観客のテンションを上げる役でした。拍手の仕方とか教えたおぼえあります。

でも、すいません。
おもしろみがわからなくて、2回行ってやめました。

そんな、こんなで今は漫画とか描いてます。
今日も一日がんばりました。

みんなそれぞれの道でがんばりましょう。

|

取材に行って

神戸の街を取材する仕事で、いろんなお店を回る。

たった三軒まわって
オーナーにお話を聞いただけなのに
設立への想いや、料理への愛情がひしひしと伝わり、
ほんまにスゴイと思った。

つねづね、人は何を持って周りを幸せにできるのかという命題にぶつかるけれども、その答えを得て突き進んでいる人に会うと、ある意味清々しくてこちらが圧倒される。今、なお悩んでいる途中の方は、原石。どうとでもやりようで、光る。

でも、今回の取材で思った。
自分が死にそうでも、喜んでくれる人の顔を思い浮かべている人は幸せやということ。
幸せは、どこにあるかと探してもない。

あなたの胸の中にあるという言葉がピッタリ。

若いイケメンオーナーに「彼女いるの?」と質問し、編集部の人に「そんなことまで質問された方始めてですよ〜」と言われましたが、ニコニコ「いません!ぜひ料理作りにきてください」などと言われ、
本気で「行こかな」と思った私をお許しください。

「おばちゃんやからなんでも聞けるねん〜」

まじで、我が子を見るような愛情で取材させて頂きました。

みんな、生きてることに真剣で涙出た。

ありがとう〜


|

ひっさびさに掃除

朝からひっさびさに大掃除した。
必要に迫られないとしないタチなので、必要に迫られたってこと。
またまた来週テレビの撮影が入ったので、その打ち合わせがあったのだ〜。

もう、片付けが面倒なので一度はお断りしたんだけど
これもご縁と思いお引き受けし、
来週撮影になりました!

東京から帰ってきて、いろんなことがあり24時間走ってる感じで
頭の中ぐるぐるしてて、部屋もモヤモヤしてましたが、
今日、大掃除したら、一気にすがすがしい気分になったゾ。

やっぱり掃除は大事だな〜。

ディレクターが「この部屋は?」「洗濯物山積みだからダメ」
「じゃ、こちらは?」「むちゃくちゃ散らかってるけど」「ちょこっとだけ」
「おふろは?」「カビだらけだからダメ」

結局、片付けたのリビングだけか〜い!


それだけでも気分爽快。

さ、午後は「化学」をします。
♪すいへ〜り〜べ〜ボクのふね。

ツイッターも始めて見たよ。

やることいっぱい。希望もいっぱい。
人って希望を食べて生きているんだと思う。


|

神様は何を私に?

先週は打ち合わせも兼ねて、またまた東京へ。
作家であり、ミュージシャンであり、牧師であり、カウンセラーでもあり(まだまだある?)のマレさんのライブにもお邪魔した。
今回、お仕事でご一緒させて頂くこともあり、ライターの方に連れて行って頂く。

前日の恒例のライブで、聖書の一説からマレさんのお話を聞く。
どこへ脱線するの??と思うぐらい多彩な話満載。その後、
「つまり」の一言で、もとの立ち位置に戻ってくるすばらしい洗練された論理的に話術に脱帽。
伝えたいことを伝えるのには、ぶれない信条と、伝える技術も欠けては伝わらないと実感する。

始めてのマレさんからの説教。
恐ろしく自分のことに結びつき、深く感激した。

その翌日、マレさんの歌とメッセージに涙し、「希望」によって人は生きることを改めて考えた。
マレさんがアウシュビッツの話をしたからでもある。かつて義理兄が病気で苦しんでいる時に『夜と霧』を送った。これは、アウシュビッツに投獄されていたユダヤ人精神分析学者がみずからのナチス強制収容所体験をつづった書。どんな過酷な状況に置かれても、心身が束縛されあらゆる自由が利かなくても、人は「希望」によって救われる。これは、投獄の状況下でも病気の状況下でも同じである。だからこそ、入院中の患者に看護婦から『夜と霧』をプレゼントすることが多いと後から知った。

いままでの人生の経験が、このようにどこでどうつながるのかわからないのが人生。
そして、つながって深く大きく広がっていきたい。

とても有意義な日々を過ごし、家に戻る。

留守を守ってくれた家族のみなさん、ありがとう。


で、現実に。(ぎょえ〜)

|

そしてまた新たな展開〜

今日は、お仕事の打ち合わせ。

新たな新機軸を築くべく、
あれやこれや、どないしよう〜との
打ち合わせ。

漫画でしか醸し出せない雰囲気。
漫画だからこそアバウトに吹き出しで
言い切っても許される醍醐味。

そのあたりを
うまくマッチさせて
読み手にストレートに伝わる方法を
模索していきたいと思います(^^)

だんだん朝夕は冷えてきましたね。

この季節の我が家の定番は
「なべやきうどん」。
うどんに、野菜もキノコも、お肉も、油揚げも、天かすも
全部順番に入れこんで
栄養満点の一品です!

一人鍋、便利ですよね。
「晩ご飯なに?」と聞かれて
「え?」(ぎょっ)って時は
あたかも準備していたかのように
「鍋焼きうどん」。ええですよ〜


これだけあれば
冬の食生活は万全かも〜♪

|

たまひよパーク2010大阪、無事終了♪

今週末、「たまひよパーク2010大阪」無事終了致しました♪

親子ヨガいかがでしたか。

ヨガセラピーでは
ご家族でゆったりと参加してくださっていましたね(涙)
いないいないばぁ〜の顔じゃんけんも
か〜なり面白い顔で真剣に赤ちゃんとふれあってくださっていたパパさん。

本当にありがとうございます。

子育て中は、気力体力ともに
へとへとに疲れます。
ストレスが溜まったときは、ぜひ
今回お伝えしたリラックスの呼吸で
乗り切ってくださいね。

そして、子育てをどんどん楽しんでください。


参加くださったご家族のみなさん、スタッフの皆さん
そして応援してくれた仲間、本当にありがとうございました。

ほんとに貴重な体験をさせて頂きました。

感謝です。
合掌。

|

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »