« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

思い出に残る一瞬を

先週の連休、私たち家族は面白いイベントに招いて頂きました。

名付けて「取り壊し前の家を占拠する〜」!!

ということで、新居建築計画のある土地の中古住宅に総勢十数人で泊まらせて頂き、もう取り壊すんだからいいじゃん!ってことで子ども達は壁に想いのたけを落書きしまくり!

そして、大人は床にド座って夜な夜なしゃべくりまくりました。
外は豪雨、雷、警報かも?ってぐらいの天候の中、
ひと気のない空き家に4家族でお泊まり。。。。

「2階は出るから(何が?)行ったらだめよ!」
「見たいもんっ!出てもええもん」
「あかんって言ったらあかんの!」

お化けが見たい年代の子供と、お化けを口実に行動を制御する大人のやりとりの矛盾が面白く、、、そして夜がどっぷりふけていく。雑魚寝の大人と子供の群れ。

翌日は宿泊者全員、遊び過ぎたのか
どど疲れでありました。

取り壊し前の家に泊まらせてくれてありがとう!
この土地に新居が建っても行くからね!

豪雨と雷雨とともしびの火のお話でした〜。

おとなりさま、
ぎゃーぎゃーやかましく
びっくりさせてごめんなちゃい。

|

ヨガセラピー

ヨガセラピーの勉強を続けています。

呼吸と体の動きを合わせると、心のスピードもそれに追随します。
ということは
心のスピードをゆったりさせたければ、
体の動きと呼吸をゆったりさせればいいのです。

意図的にそういう時間を持つと、心が急いているとき窮屈なとき、そのゆったりしていた自分の体と呼吸の状態を思い出しますとその状態へ戻すことができるようになるのです。

ヨガセラピーはハタヨガと少し違います。ラジャヨガにルーツがあります。
スポーツクラブのヨガはハタヨガだけを取り出したエクササイズ寄りですが、それはそれの良さがあるのですが、本来のヨガはもっともっと心と自分の内面に向き合うことを本質としています。

一日10分でも、ほっとする時間を作るといいですよね。
自分自身をもうひとりの自分が観察するぐらいの感覚で一日10分座禅。。というか、ただ座ってみる。もしくは寝転んでシャバアサナでゆったり呼吸します。
鼻から吸って鼻から吐く。もしくは口から吐く。吐く息は吸う息の2〜3倍ぐらいを目標に、長く深く静かに吐きます。

呼吸のスピードを変えるだけで、何かが大きく変わります。

私たちって、
知らぬ間にがんばりすぎたり、
考えすぎたり、
突っ走りすぎたりしますもんね。

|

無線ラブって何?

面白動画第4弾です。

二人の息がどんどん合ってますっ

http://www.youtube.com/watch?v=qhVwAo72GqA

|

仕事してると

このごろ毎日きばって仕事してます。
ちょっとがんばってますと、こういう職人仕事は「孤」になってくんですよね。どんどん、どんどん。
翻訳家の知り合いは1ヶ月間靴もはかない。籠って仕事するなんてザラだと言っておりました。その反動で、終わったら夜の街に繰り出すとか。

人間は孤独が一番苦手です。
でも、孤独に耐えて仕事してこそ、終わった時の楽しみ全開〜なんでしょ。

受験の時も苦しい時ほど違うことしたくなる。
仕事の時も苦しい時ほど出かけてフラフラしたくなる。

そこをこらえてこそ、かしら。

ブログ描くのも息抜きですわ。
は〜たのし。

|

劇団スタジオライフ

ひさしぶりに先週の土曜日、舞台を見に行きました〜。

劇団スタジオライフの「LILIE」

失礼ながら全く劇団のことを存じ上げずに観に行かせてもらっったんですが
満員御礼。

男だけの劇団だからか?
いや、違う。
脚本がいい。演出がいい。もちろん男の子たちも外見も中身もかっこいい。
すごいぞ。この劇団は。
コアな女性ファンがすんごいいっぱいだったからびっくりしたが、
初演が「トーマの心臓」なだけあって、ボーイズラブをみごとに演じ切ってくれました。

それが、美しく狂おしく切なく真剣で命かけている。

千秋楽の舞台後のトークも効いている。

撮影タイムまであって、観客は一斉にカメラでバシャバシャ!!

ボーイズラブの真剣な内容なので、男同士の美しき接吻、裸体の後ろ姿など出てきたのに小学生の娘と来ている私、、、もちろん、娘はおしりに釘付けでした。。。
久しぶりの舞台を観てか〜なり興奮。
ジャニーズに一切興味のない私が、この男児たちいけてる!!と思いましたわ。

トークと外見と根性と実力と性格の良さがすべて兼ね備えられてないとこの世界では生きていきないもんね。そりゃ、一流でした。

ちょっと褒め過ぎかな?

ほい。ドラマ観るよりよっぽど真に迫っていて
観てる側のこっちが生唾もんで緊張しましたよ。
「この真剣な熱情!わすれていた感覚だわ〜」(byおばはん)

って、まだ褒めるか?


そう、後戻りや巻き戻し、修正の利かない世界がいいんだ。
甲子園野球観てる感動って言えばわかるでしょ!
それなんだわ〜、
ファンのみなさん観客席で微動だにせずビックリ。

アタマが左右にぶ〜らんぶ〜らん揺れてるのは
うちらの仲間の三人、、、だけでした。

脱帽。

おばはん、、、わかりやすすぎて

褒め始めたら止まりまへ〜ん。

|

『婦人公論』別冊にイラスト

『婦人公論』さんの別冊、
「江原啓之が行く!」にイラスト描かせてもらいました。

http://www.fujinkoron.jp/number/001091.html

スピリチュアル検定ですっ。
試してみてくださいませ。
なるほど〜ってこと書いてますよ。

私はまだまだですが。。。とほほ。

|

オーガニックカフェ寿さん

先週の土曜日にまぐろにお好み焼きに冷酒を飲みまくった私が、次にお伺いしたのはうってかわって
オーガニックカフェ寿さん
摂津富田の駅近くにあります。


最近知り合った幅広く事業されている方に連れて行って頂き、またしても感動、そしてご縁がありました。
ここのカフェのオーナーさんは、ご自身の大病を自然療法で完治された方で
野菜ソムリエであり陶芸家でもあります。

そのランチのおいしいこと!
ほんとうに美味しいものは、自然の恩恵をそのまんま受けたものですね。
オーガニックの食材はそのまんまがおいしい。

ついでにゲルソン療法のひとつ、にんじんジュースを飲ませて頂きました。

そのおいしいこと!甘いこと!自然のまろやかさ。
小松菜ジュースも小松菜なのかわからん味で、なおおいしい!
もっとさわやかな、なんと形容して良いかわからない不思議なお味でしたよ。

町中なのに小民家のような風情があり、風流な空間でした。
ふっと、ひと昔前に戻ったような、落ち着いたお部屋。
古着の着物や陶芸が無造作に置かれていて、それがまた味があります。

わたしも食には気をつけているつもりなんですが、ついつい面倒くさがり屋の性格が。。ダメですね。
今日はさっそくオーガニックの食材をたくさん注文配達してもらいます!

そして、今度は母と寿さんにお伺いします。
母が元気になる場所みつけましたよ〜。

|

大阪うまいとこ

土曜日は旅仲間と久々に大阪で再会。
大阪のうまいところへ連れて行けというご要望により
梅田の「茶屋町まぐろや」へ。
まぐろづくしと冷酒はいいね〜

その後やっぱり大阪、お好み焼きが食いたいというご要望により新幹線の時間を気にしつつ
大阪地下街のお好み焼き「ゆかり」へ。
わたしは大阪でお好み焼きをあえて食べる事もなかったんだけど、行ってみると並んでるんだね〜。
しばし、列に並ぶ。
ねぎ焼きを頼んで店の人に焼いてもらった。
こっちもよっぱらっているので、勝手に裏返したら店の人に
「あ〜これだと美味しさ半減です」と怒られちゃいました。
焦げるか焦げないかまで焼くらしい。

食った飲んだ。

それより旅の思い出話がいちばん美味しかったな。

ひさしぶりにどっか行きたくなった。
風とか匂いとか空の色とか違うから。

一人ぷらりと。

|

町内の話し合いへ

今日は町内の話し合いに参加致しました。

町内にバス路線を導引するための意見交換会。
いろんな所に移り住み、まだ定位置に落ち着いていない私ではありますが
じぶんたちの町づくりに真剣な人達の姿勢に感動すら覚えました〜。

不便を便利に。
不自由を自由に。

ひとりが動けば全体が動く。

地道な積み重ねが変化を起こすのでしょうね。

アタマ下がります。


|

「菜根譚」子供バージョン

何年か前、友達の若社長から座右の書は「菜根譚」だと教えてもらい、
これを読まねばならないと教えられ〜私も購入した。
そういえば、キャラクターもので一時期流行ったことがあるよね。
本来は、儒教、道教を習う中で多くの語録を残した洪応明の著書。

これが的を得てるんだよ〜。
日本には江戸時代に伝わり、武士の教養書として、明治時代以降は企業家や役人の処世の書として大勢のひとに読まれ、今でも座右の書として名高い書物。

今日は習いごとの送り迎えに3時間待った間に偶然古書の販売で、子ども向け「菜根譚」を見つけた。もともとは漢書なのでわけわからないところが、子ども向けなので急所を突いて来る。

むっちゃ心に響いて速攻購入。
短い50句からなる一冊なので5分で読めるからと子ども達に勧めた。

こういう名言を知っているかしらないかで、人生は大きく変わると思う。
小学生で知っていれば尚の事、世渡りがスムーズになるだろう。

娘が学級会係らしく、最近学級でもめ事があったときにポスターを作ったらしい。これは、担任の先生に見せてもらったんだけどそこに「現在(いま)を生きる!」などと書いてあった。

「この言葉、びっくりしたんですよ〜」と先生。
私もビックリしました。

しらんうちにエエ事言うんです。

それも、いろんなインプットがあってこそかなと思ってます。
小さい頃からアンテナ張りましょ!
そうすると誰かの言葉が自分の言葉になり、強くなれると思います。

|

朝市のあさがおが

本日お世話になっている編集の方から東京は下町、朝市のあさがおが届きました。
とってもとっても嬉しくニマニマです。
昨年も送って頂いたのですが、今年はご近所のお庭のあさがおを横目で見つつ、
「うちにも朝顔あったらな〜」と思っていたところだったのです。

ご当地ものなので、ほんとうに嬉しい!
4色のあさがおが咲き、心を込めて育てると11月ごろまで咲いてくれるんですよ。

昨日は結婚記念日で、朝に「あ〜ダイヤモンドとかなしか、今年も」と旦那につぶやくと、何か思ったのか、2本のひまわりを買ってきてくれました。
ダイヤモンドもいいけど、ひまわりもいいもんで。

安上がりの女で良かったね。

あさがおにひまわり、わが家は生花真っ盛りです!

|

おもろい勝手にCM

あのですね。
オモロい勝手にCM、立て続けにできてます。
ちょっと覗いてあげてくださいまし。



http://www.youtube.com/watch?v=bNmbfJ4lSLY


|

数百年に一度の神秘の七夕

知り合いの方から届いた幸運のメールをみなさんへ。

---------------------------------------------------------

今日から7月ですね。素敵な暦の情報です。


今日から、喜びの扉が開いていくそうです。
そして、何やら今年の七夕は、とってもパワフルなんだそう。
数百年に一度の組み合わせな七夕なんだそうです。

まず、この日は満月。
満月は「いっぱいにしたいもの(お財布とか貯金箱とか)を満月に向かって振ると、その隙間を満たしてくれるパワーがある。
‥なーんてことでも有名ですよね。

ただでさえ、お願いごとを書く七夕の日。
満月と重なるのは、
前回は1990年、次回は今年の2029年。 
19年に一度の組み合わせだそうです。

さらに、この日は皆既日食(22日ですね)
日食は、月が太陽の前を横切ります。
この日の月は、太陽のエネルギーをたくさん吸い込んでいるのです。

21世紀中に日食と七夕と満月が重なるのは、
今年の七夕だけ。
なんだかこれだけでもすごく楽しみですよね。

さて、そんな七夕の日。
願いごとを叶える3つのポイントがあるそうです〜。

1.願いごとを笹に書いて吊るす
2.笹ごと、満月に向かって振る
3.冷やし素麺を食べる
(なんでも、素麺を天の川に見たてているそうです。平安時代では、宮中では七夕に素麺を食べるのが習わしで、この日に素麺を食べると大病をしない。という言い伝えがあったそうです。)

‥以上、ぜひ7日の七夕の日に、ぜひ実行してお願いごと書いてみて下さいね。


明日はみなさんで星空をみあげましょう。
どうか晴れますように。

(ちなみに明日は結婚記念日だぁ〜)

|

こんにゃくスポンジ

このごろのお気に入りは「こんにゃくスポンジ」
美容ですっ美容。

これは店内で見つけた時に、その昔母が一生懸命コレで顔を洗ってた光景がフラッシュバックし、懐かしさで手に取りました。ら、やっぱりコレは優れもの。
石鹸つけなくていいんですよ。基本的に。
そして、コレでマッサージするとお肌がつるんとします。
その上、お鼻の毛穴の黒ずみも取れてます。
すごいでしょ。

陰干ししないと、カビるから気をつけてね。

|

またまたライブ

今度はジャズとクラッシックとジャンルをまたいだライブへ。
音楽家金谷こうすけ氏とゲスト、ビブラフォーンの巨匠鍋島氏との共演。
かっこよかったです。
おしゃべりも粋で。
ピアノは、もともとピアノーフォルテ、という名前が正式名だったらしく、
ピアノの弦は強弱がつけられるところが特徴だとか。
ピアニッシモからピアノへ、気持ち入りまくりでフォルテ。。
あの気持ちの高ぶりを音が奏でてくれるのがいいですよね〜
と、素人の私もなるほどの談義でした。

ライブ会場の阪急夙川にほど近いスタジオGALLERY NU-VUも
ステキなスペースでしたよ。
エルベランのケーキとドリンク付きで2500円なんて安すぎますね。
鍋島氏が音楽で儲けたらアカン。とおっしゃってましたが
どうやってあれで採算が取れるのだろう〜とすぐ思ってしまう私でありました。
今度は娘を連れて行こう♪

音楽っていいですね〜
たまにピアノを弾くと一気に心がほぐれていくんです。
私の中で歌とピアノとらくがきと走る事とダンスは同列で同じぐらい大好き。
(今は歌えない、踊れない、走れないけど)
どれもピアノとフォルテー強弱とリズムが必要なんです。
絵も漫画も構成も大切なのは、リズム感と強弱。
ジャズピアノは難しくてなかなかですが、
時間に余裕ができたら挑戦してみたいな〜。
コード進行は数学らしいです。
掛け合わせの妙が、数学だとか。
だから小さい頃コードの勉強が嫌いだったんだ。わたし。

ということで
あれもこれも手を出すのはダメなので
プロの演奏を楽しみつつ
ポロンポロンと右脳的に
ひとり気ままに弾いておきます♪

|

荒野の焼き肉IO亭

アイオー・データー機器さんのウェブサイトで
新しいコンテンツとして
キャラクター描かせて頂きました!

「荒野の焼き肉IO亭」

デジタル機器の使い方を漫画で解説する
Web漫画劇場♪
そこに登場する謎の二人「ぴタッチマン」と「ポチっとまん」。

荒野のどまん中でなんでふたリは焼き肉亭を開いてんだか、
カウボーイなのか、焼き肉屋なのか?!ホントに焼き肉亭をやってく気はあるのかないのか。
牛を追うぴたッチマン、そこに秘められた想いは?

。。謎は深まるばかり。

謎は徐々に解き明かされて行くでしょう〜
むははははは。

二人のキャラクター「ぴタッチマン」と「ポチッとまん」
どうぞ、よろしくです!


|

ひさびさライブ

一昨日、ひさびさに知り合いのアコースティックライブへ行きました。

若い血潮たぎる音楽。。。といいますか
ひさびさにライブな「ライブ」に感動しました。
となりの席で妹は顔ぐちゃぐちゃになって泣いてました。

私も泪ポロロンときたけど、
なんで泣けるかって、
そりゃ、一生懸命だから。

一生懸命伝えたいことを伝えられる手段で精一杯伝えているから。
妹は、「だって、一生懸命やねんも〜ん」と泣いていた。

ひとりのシンガーソングライター君が言った。
いちど会社に勤めたけど、やっぱり伝えたいことがあって
歌いたくてここに立っていると。

自分のことを思い出した。
そういえば、私も一度会社に入ったけど
伝えたいことが多すぎて
会社が嫌で一年で飛び出したんやった。

叫びながら歌う彼らを見ながら
そういう若い頃の気持ち、
もちろん今でも持ってるから
止まってないんやけど、
改めて思い出させてもらった。

知り合いのグループは
フレイバークレイバー。
その彼らの友人の寺山リュウジ君もなかなか良かった。

神戸のライブハウス、チェックしてあげてね。

感動と新鮮さをありがとう!

|

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »