« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

気功を始めた

先週から気功を始めました。

沖ヨガを学んでいると、インドヨガだけに留まらず東洋の知恵すべてがつまっているので、気功も多いに関係してくることがわかる。もともとヨガのポーズ云々より丹田力に興味があるので気功から取り入れられた丹田呼吸法を本場の気功から学びたいと思ったのです。以前千葉でヨガを学んでいた時の先生は気功の先生でもあったので、気の威力はこの目でとくと見せてもらっている。

私自身も手のひらからの気のエネルギーは昔から強い方らしく、娘の両耳に当てるとビリビリ電気が走るからやめて〜と叫ばれたり、母の病の患部にかざすと熱い異様な気を感じるので、できるだけその名もそのまんま、「手当」をしたりする。気は存在するし、医療気功はすばらしいと思っている。帯津先生の書物もたくさん読ませて頂いた。ヨガは生きる哲学だが、気功はより医療寄りかも。

また参加した講座の先生の笑顔がいいんだわ。
これがまた。
あの笑顔は心身全体がリラックスしている証拠。
すばらしい。

ということで、気功の世界を覗くと、また奥深くて「あ〜しまった。覗いてしまった!」という感じ。

また、はまってしまう。

何千年のインドの知恵に中国の知恵、それから日本の知恵。
学び始めると、人間ってすごいよね。

あったまいいな〜と感心する。

知恵は語り継がれなければね。

|

ちょっとした幸せ

さっき最寄り駅までジョギングしました。
最近会った編集者から聞いた話ですが、
毎日1時間走っている人は、「すごくできる人」らしいです。
走っている人、周りにたくさん居ますが、
わたし、アキレス腱切れた言い訳で走っていませんでした。
切れたからこそ、ホノルルマラソン走った知り合いがいますが
そんな風に生きたいですね〜。

ということで、走りました。

その途中にあるお家の前で、自転車修理している可愛らしいおっちゃんに遭遇。
ご自身のバンに修理道具一切合切詰め込んで、出張自転車パンク修理をしてくれている様子。
ここ最近、自転車屋さんすら少ない。
自転車屋さんの修理といえば必死こいて担いで行って。。。1000円。
なのに、家まで来てくれてそれで600円!!!

たったの600円。
出張費なしやと!!

小さな看板を見て、思わず駆け寄って
おじさんに連絡先を聞いたら
恥ずかしそう〜に教えてくださった。
(ペランとちっちゃいチラシくださった)

山の上は行けませんが、車が止められるこころへは行きます。だと。
(うちの家のまわりは、坂ばかりで、山とも言えるところは沢山ある。
かろうじてウチは坂の途中の家)
ありがたくて泪ちょちょギレル。

自転車に乗ろうと思って漕ぎだすと、なぜかパンクしている、なんて経験一度や二度じゃないはず。パンクしている自転車を引っ張って、自転車屋に持って行くぐらいなら粗大ゴミで捨てると言う人もいないわけではないだろう。

おじさんは、ワンコールで来て下さる。
しかも、600円。
しかも、むちゃくちゃエエ人。

こういうすきま産業が、大モテらしい。

ちょっと庭の草抜きしてほしい。
ちょっとつまったトイレ掃除してほしい。
ちょっと高いところの荷物とって欲しい。

なんでと思う?

独りで悲しく住んでいる人が多いってことやねんで。

すきま産業万歳。
すきまで寂しい人を救う産業、万歳!やね。

|

めくるめぐる

昨日は東京、金沢、大阪、神戸在住(←わたし)のスタッフが集結し、ビックプロジェクト!の打ち合わせでした。
いや〜奇想天外な取り組みスタートします!乞うご期待。

詳細は、後日明らかにされます〜(思わせぶり)

そして、その後
いつものように、「ちょっと一緒に来る?」とお誘いを受けたノリで
ひょこひょこついて行きますと
またまたびっくりのご縁で
ある実業家の方とお会いしまして!!!

わたし、引き寄せられてどこへいくんやろ〜
・・・という日々が続いていてコワいぐらいです。

女性の心と体を元気にするお仕事を幅広くプロデュースされている方で、中医学の先生でもあります。
こちらでもゲルソン療法など自然治癒力により病を克服された方のお話が出ました。
金曜日も他の自然療法の研究家の方とお会いする予定なのですが。。
この分野の方にご縁があるんですよね。

長〜い一日でした。感謝。


それにしても
どこまで行っても
画文業と心身医療関連の2輪が
並行に人生走ってますね。


わたし運命線も2本ありますねん。

ふしぎ。

|

まっすぐな人たちと

阪神間のNPO、大学が協働し、大学生、高校生を中心とした新しいボランティア育成をすすめるプロジェクト「ESDぼらばん」の活動にちょこっと参加させて頂いた。

またまた神戸大学発達科学部に何故か来ているわたし。。

生徒諸君と先生方、そしてサポーターの方々の真摯な想いに脱帽。
社会と大いに関わり、何か社会的意義のあることをやってのけようとしている熱く清々しい魂。

わたしにも力になれる事があればぜひとも協力したいと思う。

運営の中心にいる教授が、ニカッと笑って
この団体の精神の核はヨガなんですよ。とおっしゃった。
つまり、「つながっていく」ということ。
環境、心理学、社会、科学、福祉。。。切り口はなんであれ、結びついていくところは同じなんですよ。と。偶然にも私が昨日このブログで感じて書いていたこととつながるような気がする。

参加していた人達が実にキラキラしていて。。。
こういう場の波動をもっと広めて行きたいと思った。

シンクロしていく人のつながりに今日も驚き、そして私は今日も叫ぶ。
一日100時間欲しい〜〜。

それにしても不思議だけど、
「どこかで会ったでしょ」と3回も先生に言われた。

そう、わたしもそういえば
どこかで会った事があるような、、、。
ネパールのポカラで会ったのかも。

今日は、どこかで会ったような
懐かしい気持ちになる温かい人たちばっかりでした。

わたしも何かやらなきゃ。

|

奈良でセミナー

ヨガ療法に関連して、内観療法の学会へ行ってきた。

内観は以前から興味がある。
心理学の認知療法や、行動療法に通じる、またもちろんヨガの瞑想にも通じる。

今日は内観の疑似体験もあり、2時間自分自身に内観させて頂いた。
母のことを考える。
幼い頃から、期間を区切って母にして頂いた事、して返した事、迷惑をかけた事の3つを考えていく。して頂いたことばかりで、して返した事などほとんどないことに気づく。

そういう自分自身とのそして、事実との対峙によって、過去の事実を正面から受け止めると、そこで初めて人は、「いま、ここ」に生きることが出来、未来に向かって歩き出せるようになるらしい。

インド哲学を学び始めると、仏教、心理学、科学、宗教、分野の違いはあれすべてが縦糸と横糸のようにつながっていくのがわかる。20歳の時、哲学科の友人が
「都ちゃん、すべての大元は同じなんだよ。」と言った意味が、今に成って少しわかる気もする。

今日は奈良まで行って疲れた。でも、学びの多い一日でした。

奈良駅周辺のおしつけがましくない感じも良かったな〜。
観光のメッカなのに、やる気ない感じとか。
京都とは違う勝手にどうぞ的な雰囲気が居心地よかったわ。

電車の旅はいいね。
旅は鈍行電車で行って歩いて回るに限るね〜。


|

山へ

わが家からは登山道がすぐ目と鼻の先にあり、夫が山へよく登る。

今日は、ふと怪我から復帰、第一弾として
山登りをやってみる気になった。
山にのぼって、途中から最寄り駅に立寄りケーキを買って帰る!
という食い意地から!山へ登ることにした。

陽の光は厳しいのに、山道はほどよい日陰で心地いい♪
土の匂い木々の香り、野鳥のさえずり、両足で踏みしめる地球の感触。
ヨガの丹田強化法を意識して登ると、一切疲れない。
傷の痛みも出なかった。

途中、樹木呼吸法をしてみる。
樹木が土から、空気から、光から
必要なものを取り入れるように
樹木と同じように呼吸をする。
樹木に耳を当てると水を養分を吸い上げている音が聞こえるときがある。

山頂へ向かう途中で道を逸れて
梅林で有名な神社に降りてきた。
梅がわんさか成っている。
それを枝によじ上って採りまくっているおじさん集団。

採っていいのかな、と思いきや看板がある。
勝手に梅の実を採ると、翌年花が咲かなくなったり実のつき方が悪くなるらしい。
適切な方法で適切な時期に世話をしている人がいるから、
勝手に実を採るのはやめてほしいと書いてあった。
ちょうど娘も梅の実を採りたいと言い始めていたので、娘を戒めるために大声で禁止する。
その時におじさん達にも看板に書いてあるからやめましょうと注意した。
おじさんは、さぞかしうるさいおばさんだと思っただろう。
でも、おじさん、
大切に守っている人がいるのに、その誠意を無視してはいけないよね。

それで、神社を参拝して周囲の木々をみると、
今度は落書きだらけで木の幹は傷つけられている。
娘となんでこんなことするんだろうね。
木が泣いてるよ。と嘆く。

神社を背に歩き始めるとすべてがアスファルトの道に変わる。
アスファルトになった途端、脚の痛みが、ひざの痛みが出て来る。
山道では枯れ葉と土がほどよいクッションになって守ってくれていたのに、
体は正直だから不自然なものには反発して痛みがでる。

娘と一緒に「アスファルト、痛いね。土がいいね。」と話しながら街へ降りた。

私が娘ぐらいだった時、町の道がじゃり道から
少しづつアスファルトに変わっていった寂しさを思い出した。
子どもながらにじゃり道が好きだったのに。と思ったものだ。
雨が降ったときのアスファルトが濡れる匂いがきらいだったことも思い出した。
今でもあの匂いは悲しい匂い。

とはいえ、
便利な都会のこんな近くに、自然がある。
どちらの恩恵も受けているのだから、バランスの取れた
いいところに住んでるな〜と改めて感謝。
失われていくモノを守る意識が必要だよね。


そして街に降りて、ケーキは買わずに
生ビールとお昼を食べてうちに帰った。


そして、暴睡。

いや〜おかげさまで今日は
バランスの取れた健康的な一日でした(^^)


|

充実した一週間

先週はつくばにヨガ合宿、その後東京へ舞い降り、打ち合わせの日々。
またまた沢山の人に出会い、すばらしい教えを頂き、目からウロコの毎日でした。

そして、感動しまくって泣きに泣いた一週間でした。
みんな口では言わないけど様々な人生の背景があって背負っているものも大きくて、それでも尚、前進しようとしている方ばかり。

すべての人、ものに感謝です。

1週間前の私と違う私になったと思う。

今回は特に感じるのはなんでかな。

編集の方にお会いするたびに、熱弁をふるい、みなさん一様に
目をまるくされて「そうですよね!!」「そうなんですよ!」
と共感してくださった。

あの熱弁は何だったンだろうと、帰ってきて思う程
むちゃくちゃ「熱い」奴でした。

でも、私の話を聞いて下さった人が
目をキラキラさせて、嬉しそうにして下さったので
これは伝えなければ!と。

ん〜夏休みの自由研究を前に思案する小学生の気分だ。


毎秒脳みそから汗が出ている感じ。

それでも幸福感を感じてるっておかしいね。

|

さくらFMに出演。。ズミ

今日は、さくらFMおしなさんと、神戸大学宇宙物理学教授の伊藤先生とのサイエンスイベントでした。
サイエンスと笑いが微妙に結びついて、といいいますか絡み付いて独特のユーモアたっぷりの演出。あっという間の2時間でした。

私たちは宇宙のかけら。
壮大な銀河系の中のひとつの点。
ちっちゃいことでくよくよするのはやめようと、
ほんまに思えた1日でした。

それで、思い出しましたが、毎週土曜日夜8時から(再放送日曜8時半)
「あっちこっち応援DAN!」って番組をおしなさんがパーソナリティでされてまして、
5月23日オンエアーの番組に出演させてもらいました。

終わってる。。。。けど。

西宮にゆかりがあるといえば、大学が西宮で
そういえば西宮市にはお世話になってたんです。

今年は世界天文年、


みんなで空を見上げて宇宙の話しをしよう。


|

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »