« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

金のぶたの年

中国、韓国では
2007年はめったにない
特別な年、金豚年だったらしい。
60年に一度の「金豚年」。

中国では
大昔「丁亥」の年には大変都が栄えたそうで
戦いにも勝利し、経済も急成長。
民も豊かになって、以後丁亥年は金豚年として
大金運、運気上昇の年とされているらしい。

特に今年の中国では
「60年に一度の金豚年である今年2007年は、
富の象徴とされている豚と陰陽五行説の金が
重なるこの年に事業を始めた方は成功する!」
という言い伝えも。

事業運、金運、恋愛運、子宝運ともに
最高の一年だったってのは、
今年を振り返るとうなづけるな〜。

ずっと不妊治療してた友達が
次々におめでた。
今年は、本当に子宝に恵まれた友人で
あふれかえってたのだ。
こういう年回りってあるんだね〜


私も10年ぶりにエッセイ漫画を生んだし!
へへへ

めでたいめでたい年もそろそろ終わり。
十二支の干支も
来年は子年に戻る。

初心に戻り、頑張れってことかな〜。

|

袖触れ合うも他生の縁

袖触れ合うも他生の縁。
同じ屋根の下に住む家族も縁あっての家族。
土曜日、義理母の誕生日会だった。
刺身とてっちり。

「これからもますます、やりまっせ〜」

相変わらず、元気なお義母さん。
商売をされているのでなかなか
お出かけのできない義母に
ハンドバッグをプレゼントした。

「コレ持って、色々遊びに行って下さいよ〜」
と言うと

「わ〜嬉しい!行くわ〜!」

「・・・私一人で!(旦那置いてという意味)」

お義父さん、苦笑い。

で、ここで
袖触れ合うも他生の縁ですが。

「袖触れ合うも他生の縁」
の「たしょう」って
「多少」だと思ってたけど(バカ)
「多生」と書く時もあるらしいね。

「多生」、過去にいくたびも生まれ変わり死に代わりしてきた間に結ばれた因縁。
「他生」、今生ではなく、前世において結ばれた因縁。

どっちにしても、因縁かいっ。
出会う人や家族と「多少」・・イヤでも、少しは縁があるってことか〜
と思ってたけど、因縁の縁で結ばれているらしい。

お義母もお義父も、因縁の結びつき。
私と旦那もきっと、因縁の結びつき。

いろいろあるけど目の前の人を大切にしないとな〜
生まれ変わって、また旦那と夫婦だと困るもん。(そうじゃなくって!)

夫婦って不思議だね〜。


|

年末でして

年末ですね〜
若い頃は、クリスマスが楽しみでしたが
このごろは、もっぱら「忘年会」の方がピンときますね。
クリスマスは何にも貰えない上、ロマンチックのかけらも望めないからでしょ〜か。歳は取りたくないね〜。ということで、忘年会で「歳」忘れてます。
今月に入って2回、梅田からタクで帰りました(><)
久しぶりの仕事仲間や、昔お世話になった上司や、もろもろ懐かしい面々とふぐをつつき、昔の話に花咲いて、散々しゃべくりまくって、飲みまくって、店のソファーで一番に熟睡。
翌日、「ちゃんと帰れたか?」とご心配のメールを頂き・・。

「いや〜どうやって帰ったか忘れたけど、
帰ってました!!」

年末ですし、ちょっとぐらいいいですよね。
その分、仕事頑張ってます。追い込んでます。

旦那に「女子大生じゃないんだから日付変わる前に帰ってきて。」と呆れられましたが、あたしはいつまでも年齢不詳ということで、よろしく〜。

こんな、おかんがいてもいいんじゃないかな。

娘も「パパが行って、ちゃーちゃん(あたしのこと)が行ったらアカンことないやん」
忘年会のことですが。
肩もってくれますんで、胸張って行けますねん。
そして
今日は、ご近所さんたちと子供と一緒にクリスマス会。

あ、やっぱクリスマスもいいもんですね。

楽しくなってきたぞ。

メリークリスマス♪ってことで。

|

金沢へ

仕事のため金沢へ一泊二日で行ってきました。
冬の金沢はいつもなら曇天続きなのに、その日はピーカンの晴天。
晴れ女の威力かな(^^)

駅に降り立った途端、すぐに感じる。時間の流れが違う。
関西の慌ただしさがない。
気持ちが落ち着いてゆく。
かつて住んでいた金沢。
あの時は、こんな風にゆったり過ごしてたのかな。と
最近のめまぐるしい毎日を顧みた。

美大での慣れないレクチャーを終え、ほっと一息。
老舗割烹、蛇の目寿司に連れて行ってもらいました。

いや〜金沢は水も空気も魚も美味しい。
夕食の後にホテルで2時間オフロに入っていたけれど
入浴後に乳液をつけ忘れても肌が「粉ふきいも」にならない。
乾燥しまくりの神戸とは違う。
しっとり感は金沢ならでは。
金沢の人が都会に行くと鼻の穴が黒くなるからイヤだと言っていたが、本当だ。
こっちに来ると、知らない間に深呼吸している自分に気づく。
空気が本当に美味しい。

翌日は早く起きて近江町市場でズワイガニと甲バコガニ、甘エビなんかをしこたま買って実家へ送った。ピチピチの日本海の魚を目の前に、「なんで住んでいる時にもっと食べなかったんだろう〜」と思ったり。食べてたくせに食べ足りない気がする。その上、たまに来るともう二度と来れないような気がしてあれもこれも目に入るもの全部、買い占めたくなる。
今の時期はカブラ寿司も美味しいし、治部煮もしばらく食べてないから買って帰ったら旦那が喜ぶかな?とか。城下町金沢の和菓子も生麩も水飴も笹寿司も。
おまけに九谷焼の湯のみまで買ってしまった。

仕事で行ったのに観光旅行かいっ。

両手に持ちきれないほどの大荷物を抱え、ヒーヒー言いながら帰った。

引っ越しを繰り返すと、故郷がたくさんできて嬉しい。
いつ行っても笑顔で迎えてくれる友達がいて仕事仲間がいて、
私は幸せ者だな〜。

翌日届いたズワイガニは、まだ生きていてゴソゴソ箱の中で動いていた。
ゆでると縮むもんだと思っていたら、カニってゆでると1.2倍ぐらい膨らむんだ。
ばあちゃんやじいちゃん、姪や甥、みんなでつついて食べた。
幸せは分け与えなきゃね。ごちそうさまでした♪

|

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »