« やっぱりブログ。。。 | トップページ | 平日のお泊まり »

アンジェラの灰

「アンジェラの灰」のDVDを見た。北アイルランド出身の父。飲んだくれて失業手当も全部飲み代に消えて行く。でも子どもたちには、とっておきのお話をしてくれる。乳飲み子の弟のミルク代を酒代にしてしまう父なのに、家族のみんなは父を愛していた。

そこが良かった。

あの手の映画では父が悪者になる筋書きが出来上がる。
父が悪者にならない。
あんなにろくでもないのに憎めない。
そこがあの話の深みだ。

エミリーワトソンの感情を押し殺した母親役も心に残った。

どんなに最悪の状況でも貧困のどん底でも笑いがあれば救われる。
ユーモア万歳だ!
映画は全体的に灰色。
グレーを基調にした重い印象なのに、見終わると心は真っ白になる。

そういう映画だな〜。

|

« やっぱりブログ。。。 | トップページ | 平日のお泊まり »

映画・テレビ」カテゴリの記事